bloc
ログインしていません: ユーザトップ ユーザ設定データ追加ログインヘルプ

bloc: PublicYouYou

メイン - 更新履歴 - 共有一覧 - 過去データ - 現在開催中 - 今後 - 最近のリリース - インフォ

今後

2020年01月
イベント 1/30(木) びじゅつの時間
九州【菫舎】
びじゅつの時間
2020年1月30日(木)
「足で書きぞめフンフンフン」
14:30-17:30
手ほどき:お川お水
会場:菫舎
長崎市田中町907
http://sumiresha.wixsite.com/jokokai
無料
※駐車場は15台ほど有ります。
現川駅までの送迎も行っております。ご希望の方はお問い合わせください。
お問い合わせ
菫舎
jokokai.zz@gmail.com
関連/参考URL
add: 2020-01-10 / mod: 2020-01-10
2020年02月
イベント 2/7(金) 菫夜講
九州【菫舎】
夜の菫舎におきまして、菫夜講(すみれやこう)と称した夜間講義を開催致します。
菫夜講
県内外より毎回講師をお迎えし、講話や交流を通じた学びの場、それも全方位へ開いた場所にしたいと思っています。
2020年2月7日(金)
開場)19:00 開演)19:30
◆講話/奥津爾(おくつ・ちかし)
1975年生。東京都出身。
オーガニックベース代表。オーガニック直売所タネト店主。薬物依存症のシンクタンク勤務を経て、2003年夏にオーガニックベースを、2007年春にベースカフェ(現在のヒトト)を立ち上げる。
農・食・文化・手仕事をキーワードとした企画を数多く手がけ、日本の在来野菜に焦点をあてたイベント「種市」のディレクションを担当。2013年には長崎・雲仙に移り住み、東京と雲仙を行き来しながら、在来種の種を守り継ぐ活動をしている。
◆音楽/Doit Science
読みは「ドイサイエンス」。地元熊本にて有名無名問わず国内外からオブスキュアなアーティストを招聘する企画"Art Blakey"主催。
零れ落ちた音を拾い集めて丹念に眺めていたのに、いつの間にかどこかに忘れてきてしまうようなそんなざっとしたバンド。
会場:菫舎
長崎市田中町907
http://sumiresha.wixsite.com/jokokai
入場無料(定員40名ほど)
※駐車場は15台ほど有ります。
現川駅までの送迎も行っております。ご希望の方はお問い合わせください。
お問い合わせ
菫舎
jokokai.zz@gmail.com
add: 2020-01-05 / mod: 2020-01-10
映画 2/28(金) 『そっちやない、こっちや コミュニティ・ケアへの道』映画監督・柳澤壽男 傑作福祉ドキュメンタリー 五部作連続上映会
九州【菫舎】
集え!孤独で不自由な者たちーー
2019.11ー2020.3
映画監督・柳澤壽男
傑作福祉ドキュメンタリー
五部作連続上映会
2020年2月28日(金)
『そっちやない、こっちや コミュニティ・ケアへの道』
(1982年/カラー/1時間53分)
愛知県知多市の療育グループの記録で、障害者にとってのコミュニティ・ケア=地域福祉とは何かを考える。知的な発達に障害のある人の家族の会「知多市手をつなぐ親の会」などの協力の下、成人となった知的障害者とその親たちの交流、指導員たちと一緒に考え設計した「家」づくりの困難、借り受けた宿舎を改造し共同作業所「ポパイの家」と名付けるコミュニティを完成させる様子などを丹念に記録する。「撮りながら考え、考えながら撮る」原則を貫いて人々を感動させるドキュメンタリーを2年の歳月をかけて完成した。 
柳澤 壽男(やなぎさわ・ひさお)
1916年群馬県生まれ。映画監督。1936年に松竹下加茂撮影所に入社、1940年に『安來ばやし』で劇映画監督としてデビューするが、亀井文夫作品に衝撃を受けて記録映画を志し、1943年に日本映画社に移籍する。戦後は同社で『富士山頂観測所』『海に生きる』などの力作を発表するが、1951年以降はフリーランスの監督として岩波映画製作所、三井芸術プロダクション、日本映画新社などが製作する企業PR映画に携わり、この分野の代表的演出家のひとりとなる。しかしPR映画というジャンルの限界に突き当たり、以降は障害者や難病患者の生き様や周囲の社会を捉えた自主製作の長編ドキュメンタリーへと転じる。1968年の『夜明け前の子どもたち』から1989年の『風とゆききし』までの5本の福祉ドキュメンタリーは代表作となったが、次回作『ナースキャップ』準備中の1999年に死去した。
入場無料(定員40名程/予約受付中)
開場)19:00 開演)19:30
※駐車場は15台ほど有ります。
会場:菫舎
長崎市田中町907
http://sumiresha.wixsite.com/jokokai
お問い合わせ
菫舎
jokokai.zz@gmail.com
上映スケジュール
2019年11月29日(金) 『夜明け前の子どもたち』
2019年12月13日(金) 『ぼくのなかの夜と朝』
2020年1月17日(金) 『甘えることは許されない』
2020年2月28日(金) 『そっちやない、こっちや』
2020年3月19日(木) 『風とゆききし』
add: 2019-09-21 / mod: 2019-10-19
映画 2/29(土) CINEMA CRUISE[みんなの学校]上映会
九州【菫舎】
CINEMA CRUISE
[みんなの学校]上映会
2020年2月29日(土)
T.B.A.
関連/参考URL
add: 2020-01-15 / mod: 2020-01-17
2020年03月
イベント 3/7(土) 菫夜講
九州【菫舎】
T.B.A.
関連/参考URL
add: 2020-01-24 / mod: 2020-01-24
映画 3/19(木) 『風とゆききし』映画監督・柳澤壽男 傑作福祉ドキュメンタリー 五部作連続上映会
九州【菫舎】
集え!孤独で不自由な者たちーー
2019.11ー2020.3
映画監督・柳澤壽男
傑作福祉ドキュメンタリー
五部作連続上映会
2020年3月19日(木)
『風とゆききし』
(1989年/カラー/2時間34分)
盛岡市民福祉バンクは1975年にリサイクルと在宅福祉をドッキングさせた障害者福祉運動を開始し、1979年に財団法人化、1981年に盛岡市浅岸に付属農場「いきいき牧場」を開設して農耕型の福祉活動を始める。この牧場を中心に4年がかりで撮影した柳澤監督最後のドキュメンタリー映画。身障者がより自由に生き生きと生きるにはどうすればいいのか、福祉バンクの職員、所員、ボランティア、そして障害者の日常からさまざまな問題点が浮かび上がってくる。
柳澤 壽男(やなぎさわ・ひさお)
1916年群馬県生まれ。映画監督。1936年に松竹下加茂撮影所に入社、1940年に『安來ばやし』で劇映画監督としてデビューするが、亀井文夫作品に衝撃を受けて記録映画を志し、1943年に日本映画社に移籍する。戦後は同社で『富士山頂観測所』『海に生きる』などの力作を発表するが、1951年以降はフリーランスの監督として岩波映画製作所、三井芸術プロダクション、日本映画新社などが製作する企業PR映画に携わり、この分野の代表的演出家のひとりとなる。しかしPR映画というジャンルの限界に突き当たり、以降は障害者や難病患者の生き様や周囲の社会を捉えた自主製作の長編ドキュメンタリーへと転じる。1968年の『夜明け前の子どもたち』から1989年の『風とゆききし』までの5本の福祉ドキュメンタリーは代表作となったが、次回作『ナースキャップ』準備中の1999年に死去した。
入場無料
開場)19:00 開演)19:30
※駐車場は15台ほど有ります。
会場:菫舎
長崎市田中町907
http://sumiresha.wixsite.com/jokokai
お問い合わせ
菫舎
jokokai.zz@gmail.com
2019年11月29日(金) 『夜明け前の子どもたち』
2019年12月13日(金) 『ぼくのなかの夜と朝』
2020年1月17日(金) 『甘えることは許されない』
2020年2月28日(金) 『そっちやない、こっちや』
2020年3月19日(木) 『風とゆききし』
add: 2019-09-21 / mod: 2019-10-19
2020年04月
イベント 4/5(日) TBA
九州【菫舎】
2020年4月5日(日)
TBA
関連/参考URL
add: 2020-01-17 / mod: 2020-01-17
↑ページトップ
Copyright(c) 2004- bloc.jp All Rights Reserved.
blocトップページへ