bloc
ログインしていません: ユーザトップ ユーザ設定データ追加ログインヘルプ

bloc: yoshidadaikiti

メイン - 更新履歴 - 共有一覧 - 過去データ - 現在開催中 - 今後 - 最近のリリース - インフォ

今後

2019年10月
イベント 10/27(日) 音階に微妙な音程の装飾を加える手法 (節の音楽) ワークショップ
関東【hako gallery】
open 13:30 / start 14:00 / close 16:00
10月27日(日)<昼の部>
ーー
ラーガの説明とデモンストレーションのワークショップをします。

厳密なラーガの説明というより、『音階に微妙な音程の装飾を加える手法(節の音楽)』で音楽が成立していく過程などを、実演しながら説明します。

インドのみならず、日本も含む多くのアジア地域では、今も同じ「節の音楽」で音楽が演奏されていますが、急速な西洋化、近代化した日本では、前近代的なものとして扱われてきました。

「節の音楽」を知る事は、他のアジアの音楽や芸能との接点を知るキッカケにもなり、日本の伝統的な芸能との接点にもなります。

具体的には、現代の音楽は、ドレミ等の音程を固定化し、合理的で機能的なシステムで音楽を創作し演奏しますが、

『音階に微妙な音程の装飾を加える手法(節の音楽)』では、ドレミ等の音程は固定されず、海に浮かぶ「浮輪(ウキ)」のような役割で、様々な波の干渉を受けユラぐ<波の運動>を音楽として表現します。

そのため、現代の音楽は、固定された音程や機能的なシステムからハズれた音を「ノイズ」「不協」「間違った音」などと表現しますが、

「節の音楽」では、それらの「ノイズ」「不協」「間違った音」は、表現の細密さ、抽象的な表現で非常に重要な役割をします。なぜなら、音程であるウキは、すべての波の干渉を受けるからです。

どちらも音楽を表現する手法なので、あまり単純な比較はできないですが、、

個体としての性質が強い現代の音楽と
波としての性質の強い「節の音楽」、、、

そういった事を、少し説明、実演します。

14時〜2時間程度
料金:2,500円(夜のライブにも参加される方は 1,000円)

@hako gallery
東京都渋谷区西原3丁目1-4
TEL.03-5453-5321
http://hakogallery.jp/

予約:
https://www.yoshidadaikiti.net/events/onkainibimyonaonteinososhokuwokuwaerushuho-fushinoongaku-wakushoppu
または hako galleryへ直接ご連絡ください
ーー
<夜の部>
ヨシダダイキチ&シェン・フリンデル(tabla)
Sitaleleオープニングアクト
詳細
https://www.facebook.com/events/733251387115855/
関連/参考URL
add: 2019-10-05 / mod: 2019-10-05
ライブ 10/27(日) ヨシダダイキチ&シェン・フリンデル
関東【hako gallery】
open 17:00 / start 18:00
ヨシダダイキチ&シェン・フリンデル

ヒンドゥスターニー(北インド古典)音楽レクチャー&ライブ
Sitaleleオープニングアクト

オーストラリアからシェン・フリンデルを迎え、ヒンドゥスターニー音楽を解説しながら演奏します。

10月27日(日) 17:00open / 18:00start
@hako gallery
東京都渋谷区西原3丁目1-4
TEL.03-5453-5321
http://hakogallery.jp/
料金:3,500円
予約:
https://www.yoshidadaikiti.net/events/yoshidadaikichiandoshen-furinderu
または hako galleryへ直接ご連絡ください
==================
ヨシダダイキチ(シタール奏者)
Ustad Shujaat Khanの弟子。
ハビタット・センター、インターナショナル・センター、エピセンター、プラチーン・カラ・ケンドラホール、在インド・ジャパン・ファンデーション、在インド・インド日本大使館などのインド各地や中国、台湾、韓国、カナダ、アメリカなど国内外で公演。
ボアダムス・YOSHIMIOとのユニット「saicobab」等で活動。saicobab「SAB SE PURANI BAB」は「2017年聴くべきアルバムtop15(米rolling stone)」「2017top27(英wire)」に選ばれる他、多数のアルバムを国内外のレーベルからリリース。
UA等に楽曲提供他、CM、映画、アニメ等でも演奏。
ヨルタモリ、題名のない音楽会、ムジカ・ピッコリーノ等に出演。
アルナングシュ・チョウドリー、アビマン・カウシャル、Pt サンディップ・バッタチャリア、マタプラサド・ミシュラ、アリフ・カーン、スガト・ナグ、Pt デバシーシ・バッタチャリア他と共演。
http://www.yoshidadaikiti.net
==================
シェン フリンデル(タブラ奏者)
ベナレス流派の伝説的なタブラ奏者カンテ・マハーラジ師の高弟であるカビラジ・アシュトーシュ・バタチャリヤに師事.
主な共演者
Pt Shantanu Bhattacharyya (vocal), Pt Ritwik Sanyal (Dhrupad vocal), Pt Kushal Das (sitar), Pt Santosh Mishra, Sri Sangeet Mishra (sarangi), Pt Rajan Kulkarni (sarod), Pt Sukhdev Mishra (violin), Smt Prerana Deshpande (Kathak)他。
これまで6枚のCDをリリース。
http://www.ethnosuperlounge.com/ja/index.html
関連/参考URL
add: 2019-10-05 / mod: 2019-10-05
2019年11月
ライブ 11/9(土) 微たるもの
関東【Purveyors】
open 19:00 / start 20:00
「微たるもの」
シタール奏者のヨシダダイキチのライブをPurveyors でご覧いただける貴重な機会に恵まれました。
トンバクというイランをルーツに持つ太鼓の奏者、蔡怜雄とのコラボレーションになります。 即ちそれは日本でインドとイランの音楽が交わる瞬間に立ち会えるということ。
OPENINGアクトとして、ヨシダダイキチが考案したシタレレ(シタールとウクレレの間の子のような楽器)奏者5名による合奏もございます。
シタールもシタレレも、西洋楽器が排除してきた微妙な音程や微細なノイズを多分に含んでおり、その微たるものにむしろ着目した世界観に是非身をゆだねてみてください。
当日はインド料理を中心としたお食事もご用意しております。 

11/9(土)
19:00 開場
20:00 開演(Opening Act Start)
22:00 終演

@Purveyors
〒376-0035
群馬県桐生市仲町2-11-4
電話番号 0277 32 3446
fax番号  0277 32 3447

Entrance Fee 2500円(With out Drinks)

ご予約はこちらから↓↓↓
https://forms.gle/SELwLUBi61wVYxKE6

▼ヨシダダイキチ(シタール奏者)
Ustad Shujaat Khanの弟子。
ハビタット・センター、インターナショナル・センター、エピセンター、プラチーン・カラ・ケンドラホール、在インド・ジャパン・ファンデーション、在インド・インド日本大使館など、インド各地、中国、台湾、韓国、カナダ、アメリカなど国内外で公演。
ボアダムス・YOSHIMIOとのユニット「saicobab」等で活動。saicobab「SAB SE PURANI BAB」は「2017年聴くべきアルバムtop15(米rolling stone)」「2017top27(英wire)」に選ばれる他、多数のアルバムを国内外のレーベルからリリース。
UA等に楽曲提供他、CM、映画、アニメ等でも演奏。夜タモリ、題名のない音楽会、ムジカ・ピッコリーノ等に出演。
http://www.yoshidadaikiti.net
ーー
▼蔡怜雄(トンバク ・ダフ奏者)
蔡怜雄(さいれお) 幼少期より民俗楽器や古代の文明に興味を持つ。高校卒業後バークリー音楽大学に入学しイランの打楽器トンバク とダフに出逢う。音色の美しさや楽器のフォルムの美しさに惹かれ自分のメインの楽器とする。Payman Nasehpour 氏を始めさまざまな奏者から演奏を学び各地で演奏活動を始める。2012年卒業後、帰国しイラン・ペルシャ音楽を中心に創作や即興演奏にも取り組んでいる。
https://leosai.com/
関連/参考URL
add: 2019-10-05 / mod: 2019-10-05
↑ページトップ
Copyright(c) 2004- bloc.jp All Rights Reserved.
blocトップページへ